初めまして。元探偵の田中好太郎と申します。

 

私は言わば、浮気調査をする側でしたから、浮気問題や探偵の事は普通の方よりは知識があります。そのために皆様に固い情報が提供できます。

 

 

探偵業は見た目と違いかなり過酷で、私も最後は不規則な生活と自己管理を怠った事が原因で体を壊して引退いたしました。

 

 

しかし、ここ最近の悪質な探偵のトラブが目につき、浮気で悩んでいる方に少しでも「安心できる情報」を発信したいと思い、このサイトを立ち上げました。

 

 

 

色々な問題の相談を受けていると、お客様から直接他の探偵事務所の対応や、調査への不満の声を聞く事も多いのです。

 

ここで実名はあげられませんが、その中には有名な大手の事務所もありました。

 

口コミが少ない探偵業の真実を伝えられれば、少しでも浮気問題で苦しまれている皆様のお役に立てるのではと考えております。

 

 

 

そして、このサイトでは浮気問題で苦しんでいる方に向けて重要な情報として受け止めて頂けるように、実際に経験した内容に基づいて書いております。

 

 

現役ではなく、元探偵目線だからこそ「ぶっちゃけられる」と言う利点を生かして、皆様へ安心できる探偵事務所をご案内させていただきます。

 

 

是非探偵選びや現在抱えられている問題解決の参考にして下さい。

 

 

 

探偵料金比較

 

安いはずが高い請求に! 安い調査料金に惹かれて実際に調査を依頼したら、必要以上の追加料金が掛かってしまい高額の請求が来てしまった!

 

探偵のトラブルで最も多く報告されているのが料金トラブルです。現在5000社以上ある探偵社の中には悪質な探偵社の存在も隠せません。浮気問題は急を要する事が多いので、しっかり調べる時間もなく殆どが料金で比較してしまいます。 

 

安い調査料金に惹かれて依頼してしまうと、後になって請求される金額を見て「えっ!こんなに掛かるの?」

 

なんて事にならないように、探偵の料金相場を知っておきましょう。

 

料金の相場を知っていれば、誤って極端に安いところや高すぎるところを選択するリスクが軽減されます。

 

 

浮気調査料金相場

 

調査料金を大きく分けると2つにわかれます。人件費となる調査料金(探偵料金)と車両費や機材代報告書作成費等の経費となります。

 

この2つを足した合計金額が調査料金になるので、見積もりの時に経費は別請求なのか、込みになっているのかは確認しておきましょう。

 

注意しなければいけないのが「実費精算」です。調査で掛かった経費を後から実費で請求するやり方なのですが、この場合は「水増し請求」される恐れがあるので、なるべくなら実費精算するところは頼まない方が良いかもしれません。

 

調査料金内訳

調査料金 人件費
経費 車両費、交通費、機材費、報告書、作成費等

調査料金+経費=合計金額

 

 

浮気調査平均金額

 

内閣総理大臣認可を受けて日本で唯一全国組織と認可されている法人の日本調査業協会が事前にアンケートを行い、調査料金の平均金額を算出したデーターがあります。

 

 

2名1時間の調査料金 車両代金 経費
20.000~24.999円 36%  込み  込み 
15.000~19.999円 28%  10.000~15.000円  込み 
10.000~14.999円 24%  15.000~20.000円  実費計算

 

浮気調査相場

 

調査料金2名/1時間 車両費 経費
20.000円~24.999円 込み
15.000円~19.999円 10.000円~15.000円

 

 

【浮気調査平均金額】

 

1名/1時間(車両費、経費込み)
10.000円
2名/1時間(車両費、経費込み)
20.000円
1日の調査料平均金額
100,000円

 

 

料金体系

 

 

各探偵社毎に料金の算出方法に違いがあり、大きく分けると3つになります。

 

  1. 時間単価
  2. 1日単価(パック料金)
  3. 成功報酬制

 

浮気調査で最も代表的な料金体系は、時間単価と1日単価になります。

 

 

時間単価

 

時間単価は1時間の料金が決まっていて、調査に掛かった時間で料金を算出する方法です。

 

浮気する場所や時間、相手がわかる場合には、必要な時間だけを見てもらえるのでお得感があります。

 

但し、各探偵社で最低時間の取り決めがあります。

 

綜合探偵社TSさんは調査員数、車両台数に制限ない料金体系で1時間からの依頼ができますが、殆どが1時間だけの調査依頼は受け付けておらず、最低3時間からの依頼となりますので契約前に確認しておくと良いでしょう。

 

 

時間単価の場合は1名1時間の料金になっていますから、料金比較する時は最低2名で計算しましょう。

 

 

時間単価の探偵

 

(時間単価の平均金額1時間/1名10,000円を下回る 探偵事務所)

会社名 1時間/1名 経費 詳細

総合探偵社TS

15.000円(人員制限無し)

込み

詳細へ

総合探偵社AMUSE

7.500円

込み

詳細へ

ISM調査事務所

7.500円

込み

詳細へ

 

 

1日単価(パック料金)

 

1日単価は時間ではなく、1日の単価が決められていて 調査に掛かった日数で算出する方法です。

 

特徴としては、車両機材などの経費が調査料金とは別に掛かります。

 

例えば、日本最大手探偵事務所の原一さんは水増し請求ができないシステムになっていて、経費は全て基本料金の40.000円の中に含まれています。

 

そのため、調査員を増員したり尾行時の車両台数を増車しても追加料金が一切掛からないのです。

 

日数を要する調査の場合は時間単価にすると高額になってしまいます。その為に、依頼者の状況に合わせて調査計画を立てて、料金をパック性にする事で金額を抑える事ができます。

 

いつ浮気しているのかわからないような時には、1日単価の方がお得になります。

 

1日単価の探偵

(1日単価の平均金額を下回る 探偵事務所)

会社名

1日

経費

詳細

原一探偵事務所

80.000円

40.000円

公式サイト

 

成功報酬

 

成功報酬は弁護士が採用している最もポピュラーな料金算出方法です。「着手金+成功報酬」となっていて、最初に着手金(必要稼働経費)が掛かります。調査が成功したら成功報酬を支払い、調査が失敗したら探偵側には最初に支払った着手金だけが残ります。依頼者は着手金以外は料金を支払う必要がありません。

 

 

成功報酬制は「失敗したら0円」と言う魅力的な広告につられてしまいますが、最もトラブルが多い算出方法です。「浮気の事実が無かった事が成功になります。」とか証拠が取れなかったとしても「浮気の事実が確認取れたので成功です。」等、成功の定義が各探偵で違っていたりしますので、依頼する時にはあなたが欲しい情報や証拠を成功点として取り決めておくことが必要です。

 

本来は家出人捜索や人探しなどの見つかる確率が低い案件で採用される算出方法ですから、浮気調査ではあまりおすすめできません。

 

調査料金の注意点

 

1稼働ってどういうこと?
1日の調査料金=1日5時間×1稼働10万と記載されている場合は少し注意してください。例.1日の行動を朝9時から11時の2時間と夜21時から24時の合計5時間を見て欲しいとします。1日の既定の5時間の調査ですから、1日分の調査料金と思ってしまいます。ここがポイントです。例の場合は1日に2回出動していますから2稼働となり、1稼働10万円×2=20万円となってしまいます。1稼働となっている料金体系の場合は連続して見てもらうほうが料金負担がありません。

 

夜間料金

どの業種でも、夜間や早朝に労働をさせると労働基準法では深夜手当を支払わなくてはいけません。
これについては探偵業も一緒です。

 

夜間料金の時間帯はそれぞれですが、20:00~8:00の間で取り決めているところが多いです。
浮気調査の時間帯は殆どが夜間料金となりますから、見積もりの際にきちんといくらになるか聞いておく事が大事です。

 

 

最低稼働時間

※時間単価には最低稼働時間が設けられていて、1時間からの調査依頼を受けておりません。

 

機材や車両を使って1時間だけの調査では利益がでないので、最低稼働時間を設けて利益を考えています。

 

一般的には4時間からの調査が最も多くて、中には8時間と言うところもあります。

 

この8時間の場合には、後1時間だけ見てもらいたい時にも8時間分の料金が掛かってしまうデメリットがあります。

 

 

探偵選びのポイント!

 

次に探偵を選ぶ時のポイントを説明します。探偵業法が改正されてからトラブルは少なくなってきましたが、まだまだ法を無視した探偵業者も少なくありません。トラブルを避ける為にも探偵選びのポイントを覚えて下さい。これさえ知っておけば悪徳探偵から身を守ることができます。

 

  1. 料金の表示と適正価格
  2. 探偵業届け出証の有無
  3. 所在地の記載
  4. 違法調査

 

料金の表示と適正価格

 

探偵の料金は統一された料金体系はなく個々の状況によって変動してきます。そのために正確な金額を知るためには探偵事務所に訪問して面談をしなければ知ることができません。しかし、ある程度の目安さえもわからなければお客様も当然不安になります。

 

どんな探偵でも今まで調査をしてきたデーターがあるので目安さえも掲載できないところは、お客様の足元を見て料金を決めていると思われても仕方ありません。実際にそう言った探偵事務所は存在しますので、ホームページを見て料金表が掲載されているか確認をして下さい。そして、その料金が適正金額かどうかも必ず確認してください。

 

探偵業届出証番号

 

平成19年6月1日に探偵業の業務の適正化に関する法律が改正されて、探偵業を行う場合はその所在地の公安委員会に届け出を出さなければいけません。これによって探偵事務所の所在地もハッキリすることになり「実際の住所に探偵事務所が無かった」と言うことはなくなりました。

 

この法改正により探偵業届出書を持たない探偵は業務をおこなえなくなり、法律違反をした悪徳な探偵社は行政処分を受けて業務停止となります。ホームページに必ず探偵業届け出証番号があるか確認をして下さい。ない場合は違法探偵事務所ですから絶対に頼んではいけません。

 

所在地の記載

 

意外に見逃してしまうのが所在地です。ホームページの出来栄えだけで判断してしまい、肝心の所在地を確認しないで頼んでしまうケースがあります。この場合最悪なケースは、調査料金を先に支払ったにも関わらに調査をしている形跡が全くないということです。おかしいと気付いて連絡しても電話はつながらない、事務所に行こうと思っても所在がわからないから行くこともできません。こうなってしまうと払ったお金は戻ってきません。当然泣き寝入りするしかないのです。

 

こんなことが起こらないようにホームページの会社概要等で所在地を確認しておきましょう。

 

悪徳探偵事務所の見分け方

 

  1. 住所や代表者名が記載されていない探偵事務所
  2. 探偵業届出証のない探偵事務所
  3. 根拠のない安さを売りに出している探偵事務所
  4. 別れさせ屋等の違法営業を行っている探偵事務所
  5. 料金が全く掲載されていない探偵事務所
  6. 相談時に調査にかかる必要経費などをきちんと説明してくれる探偵事務所に依頼しましょう。

 

違法調査

 

探偵事務所では受けられない仕事も当然あります。その殆どが犯罪に加担するような調査です。個人情報の不正取得や差別問題の調査、DVや虐待、ストーカー目的と思われる調査は違法となります。

 

昔の探偵が当たり前のように行っていた電話番号からの住所の特定や車両NOから持ち主や住所の特定も勿論違法になります。

 

探偵業者のホームページの広告に違法を思わせる表現をしている業者は危険です。次の記事は日本調査業協会の定例理事会で可決され、公安委員会に提出されたものです。

 

日本調査業協会に登録している探偵事務所では「広告に不適切な広告表現は一切しない」という約束事になります。その不適切な広告表現が下の記事になります。

 

 

 

 

不適切文言(不適切な広告表現について)

 

平成17年度第4回定例理事会において、下記の文言を「不適切文言」であるとして可決しました。さらに、平成17年度に広告適正化委員会の事業で「全国探偵社ホームページ実態調査」を実施しました。これは、ホームページ上にて不適切文言を使用しているサイトの実態を把握するために行われたもので、その結果は警察庁へ提出済みとなっています。この取り組みは平成23年1月27日、警察庁生活安全局発表の「探偵業の適正化に向けた今後の取組み」において評価を頂き、下記不適切文言の自主規制を支援するとの回答を受けました。

 

【不適切文言】
別れさせ屋
別れさせ工作
縁切り屋
復縁工作
出会い工作
仕返し屋
復讐代行
殺人請負
犯罪歴データ調査
出入国等渡航歴確認
戸籍等公簿取得
データ調査関係~電話番号から身元確認
サラ金利用状況確認
銀行データ確認
クレジット利用状況等の金融データ確認調査
発信機設置
盗聴盗撮請負
紳士録

 

その他、一般社団法人日本調査業協会倫理綱領及び自主規制並びに各法律に抵触する恐れがあるもの、公序良俗に反するもの、社会通念上不適切と判断されるもの

 

 

参考:日本調査業協会

 

 

上記の広告を出している探偵業者は違法行為を行っていますので、絶対に依頼してはいけません。依頼した場合は金銭トラブルや犯罪に巻き込まれる危険も考えられますので注意が必要です。

 

 

 

おすすめの探偵はこちらから

 

 

浮気調査では、浮気問題の解決方法や浮気相手への慰謝料請求、探偵の選び方の至るまでをまとめています。

 

 

更新履歴